お薬手帳リーダー薬剤OCR

お薬手帳リーダー薬剤OCR

お薬手帳に貼られた薬剤ラベルの画像から調剤日、薬剤名、用法・用量を検出し、瞬時にテキスト化するOCRソフトウェアです。電子カルテシステムや医事システムなどに組込み可能で、データの読み込み、認識結果の確認も直感的なインターフェイスで初心者でも簡単に操作できます。

様々なお薬手帳フォーマットに対応

お薬手帳は薬品アレルギーの有無や薬の重複投与などの医療事故を未然に防止する重要な情報源です。かかりつけの病院以外で処方された薬歴や入院時の持参薬の把握に役立ちます。
お薬手帳への情報入力は手書きや、システムからの手入力が一般的です。そのため些細な記載ミスや入力ミスが大きな医療事故に発展しないとも言い切れません。お薬手帳リーダーは手帳のスキャンから認識結果の表示までの流れを自動で行ないます。「調剤日」「薬剤名」「容量」「用法」を対象に片面でも見開きでも、一度に複数ページのお薬手帳をスキャンしてもOCR認証が可能です。
独自の薬剤検知方式により、フォーマットに縛られない検出が可能で、併用薬を瞬時に読取り調剤過誤などのリスクを軽減します。また、お薬手帳の情報を患者情報として電子カルテシステムや薬歴管理システムに取り込むことで、禁忌チェックを自動化できます。

様々なお薬手帳フォーマットに対応

薬剤名OCR認識率99%の実績

ステップ

ステップ1
お預かりしたお薬手帳をスキャナにセットします。見開きの取り込みはA4フラットスタイプのスキャナとなります。

ステップ2
お薬手帳の内容のテキストデータ・画像データを取り込み、テキストの内容を解釈して項目ごとに分けます。

ステップ3
電子薬歴管理、レセコン、電子カルテなどの医事ソフトにお薬手帳の画面をJPEGファイルで出力し、テキストデータはテキストファイルで出力します。

製品紹介動画

製品仕様

項目 仕様
機能 ・TWAINデバイスを用いて取得した画像から、薬剤、調剤量、用法等を読み取る。
・読取内容を表示・編集する。
・読取・編集内容をDLLへエクスポート。
対応画像形式 JPEG、PNG、BMP(200dpi以上)
動作環境 OS
Windows XP Service Pack 3 (32-bit)
Windows Server 2003 Service Pack 2(32-bit)
Windows 7 Service Pack 1(32-bit,64-bit)
Windows Server 2008 R2 Service Pack 1
CPU 
Intel Pentium4以降 メモリ
アプリケーション用として512MB以上の空き容量(1G以上を推奨)
対応スキャナ 片面 富士通 fi-60F
見開き 富士通 fi-6230Z

製品に関するお問い合わせはこちら

ページトップへ