LPR 車番認識エンジン

LPR車番認識エンジン

ガソリンスタンド、カーディーラーでの接客システムや、公共交通、駐車場設備などで多数の出荷実績があります。車両画像からナンバープレートを瞬時に認識し、車両情報をテキストデータとして出力する高速、高精度、低価格な画像認識エンジンです。
他のシステムとの連携を意識した設計になっており、ナンバープレート情報を使った上位システムとの連携が可能です。

独自アルゴリズムによる高速・高精度な画像認識

ガソリンスタンド、カーディーラーでの接客システムや、公共交通、駐車場設備などで多数の出荷実績があります。車両画像からナンバープレートを瞬時に認識し、車両情報をテキストデータとして出力する高速、高精度、低価格な画像認識エンジンです。
他のシステムとの連携を意識した設計になっており、ナンバープレート情報を使った上位システムとの連携が可能です。

シンプル且つ柔軟な連携I/Fと多数の実績

LPRソフトウェアは認識エンジンのため、お客様の要望されるシステムとの連携が可能です。
また1,800件を超える出荷実績とカメラ調整などのノウハウを持ち合わせています。

応用分野

  1. 来店分析などのマーケティング分析
  2. 顧客サービス向上など販売・サービス支援(出迎えサービス)
  3. 駐車場管理
  4. 交通量調査
  5. 施設への入退場車両管理
  6. 不審車検知

製品紹介動画

製品仕様

項目 仕様
入力 IPカメラ(対応カメラについては、お問合せ下さい)
静止画像ファイル:JPEG(jpeg)、Bitmap(bmp)、PNG(png、JPEG2000(jp2)
出力 CSV形式で車番情報と画像のタイムスタンプを出力
JPEGファイルでナンバープレート画像、およびカメラ画像全体を出力
認識対象 以下を除く2017年現在における日本国内の四輪車両ナンバープレート
・字光式プレート(点灯時)
・アクリルカバー付きプレート
・特殊車両プレート
・外交官車両・駐留米軍車両
・仮ナンバー(登録一連番号のみ対応)
・自衛隊車両
・目視で読めないプレート(汚れ、変形、遮蔽等含む)
認識時間 ナンバープレートおよび登録一連番号検出:200〜400ms
登録一連番号検出後の仮名、陸運支局名、分類番号の認識処理:100ms以内
(CPU:Intel Core(TM)i5-2520、メモリ:8GB、画像サイズ:1280x960、車番幅設定:180)
認識精度 実環境97%以上(中板および大板、照度50lux以上、車両停止状態で認識。
照明などの環境条件によって変動。通過車両の場合は通過速度等にも依存)。
視野幅 中板(33cm x 16.5cm)の水平方向の車番幅が画像上で最低100ピクセル、車番の撮影角度を考慮して120ピクセル以上を推奨。
(解像度が1280x960の場合、視野幅は4.2m以内(推奨3.6m以内)、解像度が640x480の場合、視野幅は2.1m以内(推奨1.8m以内))
許容角度 撮影カメラの角度が車番に対してヨー(水平)角±30度、ピッチ(垂直)角±20度、ロール(回転)角±20度
動作環境 OS
Windows 7 32bit/64bit Windows 10 32bit/64bit 推奨
CPU:インテルCore(TM)i7相当(8スレッド以上)
メモリ:4GB以上

製品に関するお問い合わせはこちら

ページトップへ