開発の流れ

既存製品のご紹介

既存製品の導入で目的の達成が可能である場合は、運用目的に適した製品をご紹介させて頂きます。

目的ごとに最適化された製品である為、導入と同時に運用の開始が可能です。
各製品の詳細は当サイト内でもご確認頂けます。

新規システム開発のご提案

当社では製品の販売に限らず、様々な新規システムの開発も多数手掛けております。
ご依頼の内容が、既存製品の運用範囲を超えている場合は新規のシステム開発をご提案させて頂きます。

当社の基礎技術を基に、運用目的に合わせた新規システムの構築を開始します。
開発実績の一部を当サイト内でもご確認頂けます。

受託研究開発のご提案

ご依頼頂いた案件が当社の開発実績においても前例がなく、実現性の検証が必要と判断させて頂いた場合は、受託研究開発をご提案させて頂いております。実現にむけて様々な角度から、検証、考察を行っていきます。

研究開発では必ずしも当初の目的が達成されるという確証がありません。
開発中に目的達成が困難と判断させて頂いた場合は、双方合意の元に開発を中止させて頂く場合もあります。